ペルセウス座流星群

今日8/13(水)から8/15(木)まで、まゆずみ眼科医院はお盆休みをいただいております。16日は通常通り朝から19時まで開院いたしますのでよろしくお願いいたします。

 


 

晴れ間を探して

 

さて、昨日の晩から今朝にかけて子供とペルセウス座流星群の観測に行ってきました。前橋~高崎はくもりで、月すら見えない状況でしたので、ネットで天気予報を調べまくって、観測地は下仁田か南牧村に決定。実際の各地の天気がどうだったのかわかりませんが、自分のいつも使っている天気予報・速報サイトではこの2地点しか晴れの場所はありませんでした。去年は尾瀬まで行ったので、今年はだいぶ近場で済みました。

 

北極星、カシオペア座、ペルセウス座がなんとか見えるけど……

 

夜11時に自宅を出て観測地についたのは24時少し前。車を降りると、おお、北側だけ晴れている!ただ山のもやと曇りがいまにも空を覆いそうな雰囲気。急いでカメラのセッティングを終え、撮影、観測開始。いくつか群流星を見た後、完全に曇ってしまったので、車で待機。写真をチェックしてみますが、残念ながらまったく写っていません。

 

01時30分頃になるとまた雲の切れ目から星がいくつか見えてきたので、撮影を開始。明け方が近づくにつれ、靄が晴れ、風がでてくると雲量4くらいまで状況が改善しましたが、寒い、カメラに露が付くetcでつらい観測になりました。

 

結局、というか案の定、月の明かりに邪魔されて、4等星ぐらいまでしか肉眼では観測できない状況で、撤退する03時30分までに明るいもの2個、暗いもの8個程度の流星しか観測できませんでした。

 

家に戻って写真を確認してみると、写っていた流れ星は4個。明るい流星が写っているかなと期待していたのですが、ダメでした。

 

 

帰宅してから写真のチェック

 

今回の機材はα507というソニーの一眼レフ。古い機種なので高感度撮影はダメでISO400の30秒露出+ノイズリダクション。月明かりと長い露出時間で雲やカスミが完全に白くなってしまい、結果はいまいち。

 

ペルセウス座流星群

雲の向こうに流れ星 色はかぶるは粒子は荒いは、でよいとこなし……

もう一台はリコーのGR。今回の観測ではこちらが活躍してくれました。カメラ内で比較明合成をしてくれるコンパクトカメラで、途中経過も記録できます。シャッターを押せば途切れることなく短時間の露出を繰り返してくれるという優れもの。撮影枚数は2000枚以上。設定はISO400、F2.8、露出4秒。最後の合成後の画像をチェックして、流星が写っているカットを探してレベル補正すればよいので楽ちんでした。

 

ペルセウス座流星群

GRだとこんな写真もシャッターを押すだけ

 

そして上の日周運動の写真の元画像を加工するとこんな感じです。RAWでは保存できないのでざらつきがあり、ローパスフィルタレスのために色がかぶっていますが、昨日の状況を考えるとそれなりに満足(写真は拡大したものと差し替えました)。拡大して流星を探してみてください。

 

ペルセウス流星群

プレアデス星団と流れ星

山肌ぎりぎりの流星

山肌ぎりぎりの流星

 

さあ、今晩はどうしよう……

 

と、思っていたら、近隣はどこも曇りでだめみたいです。今年はこれでおしまいかな。

 

おまけ GRでの撮影について

 

タイムラプス的な撮影もできて楽しいGRですが、今回使ってみての感想。

1. ローパスフィルタレスのわりには….

通常のカメラよりも赤が良く出て星の撮影に向いているはずなのですが、星の赤さはあまり目立たず、逆に色かぶりが目立つ、という残念な画像…..インターバル合成中はJPEGしか保存されないので、なんとも補正が難しいデス。赤い星雲などもこれでは無理かな。

2. 外付けファインダはなくてもなんとかなりそう

背面モニタのみでも撮影前にISOを上げればそれなりに構図を決められます。

3. 星のインターバル合成にレリースもいらない

セルフタイマーでシャッターを切り、撮影終了時にはレンズを覆ってスイッチを押せばよいようです。

4. 適正な露出は…?

今回もう少し感度を高く設定しておいてもよかったかなと思いますが、いかんせん、月明かりが….

5.外付けフードは良い感じ

夏の星撮影のお約束の露問題。カイロを忘れてしまい、現地であわてるのもお約束。案の定、αはレンズもカメラ本体も露でびっしょりになり、途中で何度か撮影を中断することになりましたが、今回、外付けフードをつけて撮影したGRにはまったく露は付着せず。レンズのまわりをすっぽり覆うアダプターが露回避に効いているような印象を受けました。

 

お問い合わせは    027-388-8461