BLS

先日、BLSの講習を受けてきました。

BLSとはBasic Life Support(一次救命処置)の略称です。

胸骨圧迫と人工呼吸からなる心肺蘇生法、そしてAEDの使用についてが主な内容でした。
心肺蘇生法などは何度か学んだことがありましたが、今回は子供や大人での違いも学べとても内容の濃いものでした。

人工呼吸は過換気にならず、しっかり胸骨が上がるように適切な量の空気を入れるにはコツがいりましたし、胸骨圧迫は思ってた以上に体力が必要な作業で、圧迫の位置、強さ、速さなどは実際に体験してみないとわからないことばかりでした。

当院でもAEDが設置されていますが、いざという時に手をこまねいていては意味がありません。一分早かったか遅かったで目の前の人の命の行方が左右されます。私たちの迅速な対応が命をつないでいきます。

今回の講習は医療関係者が多かったのですが、一般の人でも参加できます。現在、AEDはたくさんの場で目にすることができます。でも、いざという時に使えなくては意味がありません。できれば、たくさんの人達が心肺蘇生法やAEDについて学び、救える命を確実に救っていける社会になればと思いました。

私自身、今回BLSの資格をとり命の大切さを感じたとともに、私たち一人一人に救える命があることを胸に刻んで、いざという時は率先して行動していこうと改めて決意することができました。

今回の担当は看護師の富岡さんでした。この日の講習会は事務の栁澤さんも参加してくれました。

もちろん、AEDなどを使用する機会がないほうが望ましわけですが、ただ機械が置いてあるだけでは有効に利用することはできません。当院の他のスタッフにも積極的にこのような講習会に参加して、救命の初歩を学んでもらおうとおもいます。

こちらもご覧ください・・・・・・

お問い合わせは    027-388-8461