その後、ツバメの巣から親鳥があまり動かなくなったので、卵を温めているのかな、と思いつつ様子を観察していました。

7月2週頃から親鳥の動きが目立つようになり、エサをくわえて頻繁に巣の中に頭を突っ込んでいる様子。どうやらヒナが生まれたようです。

初めのうちは全然ヒナは見えませんでしたが、最近ではかわいい顔が3つ、巣からのぞいています。鳴き声はあまり大きくないようで、巣のそばまでいかないと、聞くことはできません。写真は親鳥が一番左のヒナにエサを与えている様子。わかりますか?
引き続き、驚かさないように遠くから見てみてください。糞には気をつけて。

お問い合わせは    027-388-8461