アイアイ

昔からの頭を悩ませるものとして「子供の近視が進まないようにするにはどうしたらよいか」という問題があります。まったく近眼とは縁のない子供もいれば、気が付いたら近眼になっていて眼鏡をかけることになっていたり。

子供の近眼対策で一番大事なことは、「眼鏡が必要なら眼鏡をかける」ということです。子供に「見える?」と聞いても「見える」としか答えない。そんな場合でも近眼のために視力は落ちていることがあることも理解していただく必要があります。ゆっくりとした視力低下は自覚症状が出にくいのです。

一般的に小学生低学年くらいの年齢では、はじめての視力検査で眼鏡、ということはあまりありません。眼のつかれ、緊張をとる目薬を試してみて、それで「視力が回復」すれば、問題ありません。目薬で視力が戻る、ということは目が悪くなったわけではなく、疲れていただけ、ということです。

もし、眼の緊張をとる目薬をつかっても、やはり近視で視力が十分に出ない場合、やはりメガネは必要です。子供が嫌がる、親が抵抗感がある場合は常時かける必要はありません。まず、授業中だけでも、お出かけのときだけでもかけてみてください。子供が、自分の目は本来このくらいまで見えるんだ、という感覚を身に着けることが必要で、眼鏡をかければ、裸眼の時よりも良く見えることがわかれば、自然に眼鏡をかける時間が増えていくはずです。

.

近眼で眼鏡が必要になった(なりそう)。では近眼の進行を抑えるにはどうすればよいか?以前から知られているのはアトロピンという目薬です。その他に、オルソケラトロジーやMCレンズもある程度は効果があるといわれています。

アトロピンは通常、眼科で扱う濃度では散瞳(瞳が開くこと)が長時間持続し、まぶしさや見えにくさも持続するため、近視抑制を目的に使うことはあまり一般的ではありませんでした。近視抑制という使用目的では保険適応もありません。

最近、通常で使用する濃度よりもかなり薄い濃度のアトロピンでも近視の進行を抑える効果が期待できる、という報告がなされ、国内でも複数施設で低濃度アトロピンによる近視抑制効果を調べる臨床試験が始まりました。一部の施設ではオルソケラトロジー+低濃度アトロピンの組み合わせでも行われています。

当院でも海外メーカーの低濃度アトロピンの取り扱いを開始いたします。ご希望の方はかならず電話で問い合わせの上、ご来院ください(検査スケジュール、薬の在庫の関係の確認のため)

対象は6~12歳程度の、軽度~中等度の近視眼の児童(それ以上は応相談)

使用期間は2年以上を推奨

喘息や強いアレルギーのある場合は要相談

 注意点
・自由診療(保険が効きません。児童でも検査代、目薬代は実費です)
・眼鏡装用のタイミング、受診の間隔など、当院の指示に従って受診のできる方のみが対象です
・近視の「進行抑制」を目的とした治療であって、「近視の回復」が目的ではないことを理解していること
・必ずしも効果がでない場合もあることを理解していること

低濃度アトロピン

お問い合わせは    027-388-8461