細隙灯

11月に入りました。ここ数日は秋晴れの日が続いています。街路樹もすっかり赤くなり、何より暗くなる時間が早く、季節の移り変わりを感じさせます。聞くところによればインフルエンザで学級閉鎖となる学校も出始めているようですね。

先月、来年のスギ花粉症予測が発表されました。

来シーズンは例年よりも花粉の飛散はやや少ないようですが、
スギ花粉症の方は2月初めころから点眼や内服を開始することをお勧めします。

スギ花粉症には減感作療法があります。当院で取扱いがあるものはシダトレンという舌下液でシーズン前からこの治療を行うことで花粉飛散期の症状の軽減が期待できます。
花粉症の季節が始まる前に治療を開始する必要がありますので、興味のある方は11月、遅くても12月の半ばまでにご相談ください。

お問い合わせは    027-388-8461