細隙灯

雪の2月が嘘のように3月は暖かくなりましたね。

1週間ほど前から本格的な花粉の飛散が始まったようで、目がかゆい、ゴロゴロする、という方が増えています。例年通りなら中旬ころに向かって目の症状も強くなっていく可能性があります。

目がかゆくなる前から目の充血、腫れは起こり始めています。この段階で治療を開始すれば比較的コントロールしやすいものの、眼がかゆくなってからではかゆみを抑え、さらにかゆくならない状態までもっていく必要があり、より多くの労力(目薬、内服薬などなど)を要します。いまのうちからしっかりと対策をしていきましょう。

当院では点眼、内服薬、点鼻薬、漢方薬を処方可能です。

漢方薬について、アレルギー性鼻炎に対する小青竜湯は有名ですが、この時期の目のかゆみには残念ながらほとんど効果を期待できないようです。当院では花粉症の目のかゆみに対して、眼科的視点から、目の充血やむくみをとる目的でそれ以外の何種類かの漢方薬を処方可能です。 ご希望の方はご相談ください。

なお、夕方など比較的混み合いやすい傾向にあります。ご了承ください。