白内障の手術を受けるに当たって、生活上の注意を説明します。

手術前の生活について

白内障手術の前は特に生活面での制限はありません。

いつもどおりに生活して下さい。

コンタクトレンズ装用中の方は手術前の検査の前に、数週間、装用を中止していただくことがあります。角膜の変形により手術に必要なデータがずれる可能性があるためです。

手術の3日前から手術に備えて点眼がはじまります。

手術前の検査の際に詳しく説明します。

手術の前日は入浴し、しっかり睡眠をとってください。

手術の前日は...

手術の当日

お昼ころまでに来院してください。

眼の周りの化粧は避け、着替えやすい服装にしてください。

cat021
手術当日の運転は控えましょう。

帰宅後はなるべく安静にしてください。

就寝時には眼を圧迫しないよう気をつけてください。

cat023

手術翌日以降

手術後の生活でもっとも重要なのは

眼の周りを清潔に保つこと

です。洗顔や洗髪は2週間控えてください。これは手術後に眼に細菌が入ってしまう眼内炎を避けるためです。
手術後の生活2

運転は視力検査で視力が十分出ていることを確認してから慎重にはじめてください。

デスクワークや家事、軽作業は翌日から可能です。

手術後の生活1

手術後の見え方について

手術の翌日、眼帯を外すと、これまでの見えにくさが解消され、明るく、見やすくなっていると思います。

ただ、これまで以上に「見えるところ」「見えにくいところ」の違いがはっきりしているはずです。これは眼内レンズにはピント合わせの機能がないために感じる違和感です。

ピントが合わず「見えにくいところ」を見るためにはメガネが必要です。

手術後1月程度でメガネの作成をおすすめします。

「多焦点眼内レンズ」を使用した場合でもメガネは必要です。

手術後の見え方