アレルギー性結膜炎アレルギーってなに?

「アレルギー」とは、外部からの入ってくる異物に対する、体の過剰な反応です。目の 結膜白目の外側にある半透明の膜は直接外界と接しているので、様々な異物が飛び込んできます。眼の場合、「ハウスダスト」といわれるダニやカビ、動物の毛やフケ、花粉などが原因として一般的です。

特定の季節によアレルギー症状が強くなる状態を「花粉症」と呼びます。

アレルギー性結膜炎の症状

かゆみ、充血です。ただし、かゆみが強い割には白目の充血があまり強くない場合もよくあります。そのような場合、 まぶたの裏があれている診察時にまぶたをひっくり返すのは、これを確認しているためですことが多いようです。

なお、アレルギー性結膜炎は他人にはうつりません。

アレルギー性結膜炎の治療

治療の基本は2つのタイプの点眼薬、1) 抗アレルギー薬・抗ヒスタミン剤の点眼薬と、2)ステロイド剤の点眼薬です。抗アレルギー薬で効果が不十分な場合、ステロイド点眼薬を使用します。ステロイド薬の「長期使用」には緑内障の原因となる眼圧上昇や白内障を誘発するなどの副作用があるため、経過観察をおこないながら使用します。また、花粉などアレルギーの原因を洗い流すような点眼薬を併用することもあります。

かゆみを我慢しながら効果の少ない弱い薬をだらだら使用することはお勧めしません。

治療の初期の段階では強い薬で症状をしっかりたたいておき、その後、弱い薬で症状の出現を抑えるほうが効果的です。

特に花粉症の場合は、抗アレルギー点眼薬をその時期の数週間前よりあらかじめ使用しておくと効果的と考えられています。

なお、当院では抗アレルギー剤の内服薬も用意してあります。

妊娠中の方でも比較的安全な薬剤、てんかんの既往のある児童でも安全な内服できる薬剤もありますので、ご相談ください。

春季カタル

春季カタルは若青年者で時折みられる、重症のアレルギー性結膜炎です。上まぶたの裏側にぶつぶつとした「乳頭」ができ、重症例では巨大化して、ときに角膜の表面を傷つけることがあります。また、角膜近くの眼球結膜が発赤し、分厚くはれます。

通常の治療で十分な効果が得られない場合、免疫抑制剤の点眼を行います。
春季カタル 春季カタル