結膜炎

また、反対側の目にうつったり、他人にうつる可能性があるため、より注意が必要です。手洗いを徹底し、清潔を保ってください

また、充血やメヤニが消えるまでは学校や職場は休む必要があります

ウィルス性結膜炎は原因となるウィルスにより症状の持続する期間は異なります。

眼科で処方される薬は「炎症を抑え、2次感染を防ぐ/合併症を防ぐ」点眼薬です。

症状の悪化を抑える効果はありますが、点眼薬を使用していても、ウィルス感染自体は発症してから、「ある程度の日数」が経たないと治りません。

流行性角結膜炎

アデノウイルス8型・4型・37型・19型

通称「はやり目」。あふれるような大量の眼脂、まぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたの腫れ、流涙(りゅうるい)などの症状が激しくあらわれます。

7~14日の潜伏期間があります。

治るまでの期間: 2-3週間程度

咽頭結膜炎熱

アデノウイルス3型、4型
通称「プール熱」。腰洗い槽が減っているため増加傾向、ということです。

結膜にブツブツができて、咽頭炎による発熱を起こします。5~7日の潜伏期間があります。

治るまでの期間: 10日間~2週間程度

急性出血結膜炎

エンテロウイルス70型感染
感染してから1~2日後に突然眼球結膜に点状の出血を伴う充血が起こります。ゴロゴロ感、充血、まぶしさなどがあらわれ、結膜にブツブツができます。

治るまでの期間: 4.5日間~1週間程度