subconjunctival_hemorrhage01どんな病気?

あまり症状はないけれど、「急に眼が赤くなった」、「家族や近所の人に目が赤いと指摘されてはじめて気がついた」。
このようなエピソードで来院する患者さんが多いのが結膜下出血です。

結膜弛緩症やドライアイなどで眼の表面が刺激をうけやすい方の場合にも、この結膜下出血が起こることがあります。

眼の表面は白眼(強膜)の外側にさらに「結膜」とよばれる透明な薄い膜があります。
結膜下出血は白目と結膜の間に出血し、たまった状態です。

結膜下出血の治療

ほとんどの場合数日間で吸収されるので問題ありません。ただし、短期間のうちに出血を繰りかえす場合は、出血の原因となる眼の表面の血管の異常がないか、くわしくチェックする必要があります。

また、ワーファリンなどの血が止まりにくくなる薬を内服している場合は、出血量が多くなりやすいので、眼が真っ赤に見えることもあります。このような場合でも基本的には時間がたてば吸収されます。

ごろごろとした異物感が強かったり、炎症が起きている場合には目薬を点眼することもあります。