このページで扱う内容は眼鏡をかけさせたくない方向けの内容ではありません。

眼鏡が必要になった場合、それを頭ごなしに否定せず、その必要性を冷静に検討できる方、その上で、近視を進まないようにするにはどうすればよいか、と考えていらっしゃる方向けの内容です。

まずは「普通のメガネ」の必要性を検討しましょう

「目が良い?悪い?」「近視の話」で説明したように、小学校以降の近視は「軸性近視」が多く、その進行には「環境因子」が大きくかかわっていると考えられています。

まず、家庭で行うべきことは、お子さんが正しく目を使っているか、チェックすることです。明るい部屋できちんと背筋を伸ばして本を読んでいるか、テレビを見ている時間が長くないか、ゲームをやりすぎていないか、などなど。

一般に視力回復センターなどで近視が治った!などとうたっているのは、「単なる目の疲れによる視力低下」です。この場合、生活習慣を見直し、眼にかかる負担を軽くすることで、ほとんどの場合、自然に視力はもどります。それでも回復しないような場合、どこの眼科でも処方してもらえるミドリンMなどの目薬で目を休めることで、視力はもどります。

それでもダメな場合は、「近視のため視力が出ない」から「メガネが必要」と考えてください。

近視はゆっくりと進みます。したがって、自分の目が見えにくくなっていることに気がついていないお子さんもいます。顔を近づける、眼を細める、などは眼鏡の使用を検討すべき症状の一つです。年齢ではなく、眼の状態で、メガネの必要性を判断してください。メガネをかけなければいけない状態にもかかわらず、メガネをかけないのは目の負担になっていることを意識してください。

メガネ以外の選択肢は?

思春期を過ぎた大人の方は、メガネやコンタクトを使用すれば見えるようになりますし、あまり度数(近視の強さ)は変わりませんので、定期的な視力検査で十分です。

ただ、成長期のお子さんの場合は、近視が進行する可能性があります。そこで、少しでも近視の進行を抑えることはできないか、とお考えのご家族の方のために、このページを用意しました。興味のある方はご参照の上、お問い合わせください。

近視の進行を抑えることは可能?

子供が大人になってみないと、近視抑制がうまくいったのか判断できません。効果がある、といわれている治療法でも、長期にわたる追跡調査のデータが不足しており、確実といえるものはありません。

ただし、理論的に近視抑制効果が期待できるだろう、という治療はいくつかあり、現在のところ、当院では「オルソケラトロジー」「MCレンズ」「低濃度アトロピン」点眼液を利用可能です。

どの方法がよいのか?

現時点では理論的に異なる複数の方法を組み合わせるのがよいようです。「低濃度アトロピン」 は単独でも効果が期待できそうですし、「オルソケラトロジー」との組み合わせで相乗効果が期待できそうです。

 積極的に近視の進行を抑えたいけれど、眼鏡・コンタクトは普段使わせたくない、という方には「オルソケラトロジー」

 もし眼鏡は気にならないけれど、手軽に近視が進まないようになればいいな、という方には「MCレンズ」を使用した眼鏡 

ただし、最近、Myovisonという特殊なレンズを利用した眼鏡での研究ではあまり十分な抑制効果が得られなかった、という報告がなされました。

いずれの方法も、かならず近視の進行が止まる、というものではありません。「近視の進行抑制を期待できる」という手段ですので、その点を十分ご理解し、なにもしないで近視が進むよりは、積極的に治療を試してみたい、という方、ご家族の方にお勧めします。

オルソケラトロジー

「近視進行抑制」の手段としての「オルソケラトロジー」

レーシックと違い、眼を切る必要がない視力回復の手段として話題になっているのが、「オルソケラトロジー」です。「ナイトレンズ」とも呼ばれます。裸眼視力を矯正するだけではなく、学童期の近視進行を抑制する効果が報告されています。

理論的なこと

オルソケラトロジーでは、特殊なデザインのレンズを使用します。周辺部では急激に屈折力が変化するため、軸性近視で問題となる網膜周辺部での像のぼやけを軽減し、近視の進行を抑える、というものです。

メリット

なんといっても、日中は眼鏡もコンタクトもいらない、という点。

好きな時にやめられる。

デメリット

  • 通常のコンタクトよりやや高い(1dayのソフトコンタクトを使用する場合、5年ほどでだいだい同額になる)
  • 夜間のみとはいえ、コンタクトを装用するため、粗雑な扱いをした場合、角膜障害や角膜感染症を引き起こす可能性があります。
  • 適応は-4D前後まで、すべての患者さんが適応となるわけではない

オルソケラトロジー

低濃度アトロピン

低濃度アトロピン

以前から散瞳薬であるアトロピンが軸性近視の進行を抑制することが知られていました。ただ、眼科で処方できる製剤としての濃度で点眼すると、効果がきれるまでまぶしさや見えにくさが持続してしまいます。

最近、低濃度のアトロピンでも眼軸長の進展を抑えることが可能であること、まぶしさなどの副作用がほとんどないことがわかってきました。

メリット

  • 目薬を寝る前に1回点眼するだけ

デメリット

  • いまのところ保険がききません

低濃度アトロピン

MCレンズ

MCレンズは特殊な遠近両用の眼鏡

近視の人がメガネをかけるのは自然なことです。このMCレンズは、特殊なデザインの遠近両用の眼鏡のレンズを子供用にデザインした特殊なものです。

ただし、遠視性デフォーカスの抑制を目的としたデザインのレンズ(カールツィアス社のMyovison、日本では未発売)を利用した日本国内での多施設研究ではよい結果が得られませんでした(2016.7追記)。

理論的なこと

軸性近視の進行の原因として「近くを見るときに像が網膜の外側になってしまい、これを抑えるために目が変形」するというものがあります。このレンズは、近くを見るときの目を負担を軽くする(調節ラグを抑える)ということを目的にしています。

メリット

  • メガネを処方するときにレンズを特殊なものに変えるだけ
  • 病院での支払いは普通のめがねと同じくメガネの処方箋料のみ

デメリット

  • メガネの値段が通常のレンズより少し高い
  • 取り扱うメガネ屋さんが限られている(処方時にこちらで指定の眼鏡屋さんで作成していただく必要があります)
  • 近視進行の抑制効果は限定的なものである可能性あり

MCレンズ